国産の理由

ミナミは、すべての製品を国内で生産しています。産元は近畿や北陸地方を中心としたニッターさんをはじめ、染工場、セット工場など、大小あわせて100社近く。古いところでは30年以上のお付き合いになる会社もあります。互いに協力しあい、信頼を築いてきた同志のような関係です。

国産を選ぶ理由は、やはり第一に品質。完成度の高さや丁寧さはもちろん、大量生産では出せない、日本だからこそできるメリヤスの風合いや色目、仕上げがあるのです。たとえば職人さんが機械を少し改造することで、他には出せない風合いの生地が生まれることもあります。

産元の工場を訪ね、過去に作成した資料を見せていただくと、何十年も前の資料が逆に新鮮に見え、そこから新しいアイデアが生まれることがあります。また始めから1反つくるのではなく、思い通りのものができるまで何度も編み下げを作っていただくことも少なくありません。そういった細かな相談ややり取りが直接でき、一緒にものづくりをしていけることも、ミナミが国産を大切にしている理由のひとつです。

ニッター

丸編みをメインに扱うニッターさん。以前は最新型の高速編機を揃えていましたが、近年、倉庫に眠っていた古い編機を復活させました。ゆっくりと編むことで生まれるやわらかな風合いは、まさにここにしかないもの。「『こうゆうのできませんか?』から始まり、まず作ってみて、モノを見ながらまた話して…と一緒にやっていくのは、ミナミさんとの仕事だけ」。日本の繊維産業のあらたな未来を、共に目指す存在です。

染工場

創業100年を超える染色会社。大きな染色釜をはじめ、使い込まれた機械が並び熱気のあふれる中で、職人さんが忙しく立ち働いています。周辺は昔から数多くの染工場があった地域ですが、今も残っているのはたった数社。生地を染め、乾燥させ、折り畳み、梱包するまで、多くの人の手が加わっている様子を見るたび、丁寧なものづくりを続けていく気持ちを新たにします。